2016.02.16 麻袋いろいろ
各務原店の黒田です、こんにちは!

昨日で当店のメンバーズセール期間が終了いたしました。
多くのお客様にご利用いただきましたこと、感謝しております。
誠にありがとうございます。

まだメンバーズセールをご利用されていないお客様、
ぜひぜひ、店頭にて会員登録していただき
毎月のセール豆や新入荷限定豆、またまたセールイベントを楽しんでいただければと思います。

さてさて、

今回のタイトル「麻袋のいろいろ」としました。

と、言いますのも~~~~

コーヒー豆って言ったら、麻袋に入っているイメージがございますよね。
(えっ・・・私だけ?)

今回は、麻袋のデザインに注目してみましょう。

P2131208.jpg

これは、インドネシアのお豆「バリアラビカ」の麻袋です。
分かりやすいですね。
このシンプルな雰囲気も好きなので、各務原店で使用しています。

バリアラビカは、当店では少し苦みを感じられる焙煎具合からアイスコーヒー向きのフレンチローストにご指示多い豆ですが、
実はワタクシ、このバリアラビカはハイローストが好きなんです^^
このお豆のハイローストで出される柔らかい酸味は、優しく体に染みていきます。
*コーヒーの酸味は酸っぱいイメージがあって苦手だって思っているけど、コーヒーの酸味には興味ある。
というお客様に酸味入門豆としてもおススメですが
初めて酸味を味わうという方は、
焙煎具合は「まずハイシティロースト」が最初は良いと思います。
ハイシティローストを飲んでいただいて、少な目の程よい酸味をご賞味いただいたのち、
その酸味が苦手でなければ、もう1段階手前の「ハイロースト」を試されると
心構えと酸味の垣根を越えられると思いますよ。

話が大きく麻袋から外れましたが。。。。
続いては、

P2131209.jpg

これは、・・・・本部からいただいた麻袋で何が入っていたのでしょう???
「スペシャリティコーヒー」を前面に出しつつも、柔らかいデザインです。
とても可愛いですよね。


そして~~~
P2131210.jpg

このゾウさんデザインは、私個人でとても気に入っています。
(できれば麻袋の真ん中にゾウさんがくるよう印刷して欲しかった・・・)

この珈琲お豆さんは、皆様も一度は飲まれたことがあるのでは??
当店もご好評でしたタンザニア産の"テンボテンボ"のお豆さんが入っていた麻袋です。


P2131211.jpg

この麻袋は、額に入れても面白いかも?!と、思っています。
ブラジルの"ブルボンピーベリー"の麻袋です。

当店でもファンが多いブルボンピーベリーは、
しっかりとした味わいで、素敵な余韻のあるお豆さん。

ピーベリーのお豆には、
定番豆としては、ガテマラピーベリーがございますが、
ガテマラピーベリーは、ガテマラ産のお豆らしい 後味キレある飲み心地。

酸味の好きな方にも、苦みの好きな方にも根強い人気です。


そして、こちら。
P2131212.jpg

「コピ ルアック」の麻袋です。
すぐに分かりますね^^

ジャコウネコデザインが可愛いです。


そして、インパクトのある顔のデザインの麻袋。
P2131207.jpg

パプアニューギニアの「キンデンピーベリー」が入っていた麻袋です。
ピーベリーにしたら大粒のお豆さんで、香り豊かでしたよね。

こちらのピーベリーは限定入荷でしたので、あっという間に無くなりました。

パプアニューギニア産のお豆では「パラダイスプレミアム」が定番品としてございます。
パラダイスプレミアムはマイルドな優しい味わいですので、
初めてご来店されたお客様で「飲みやすいコーヒー」をご希望された際は
こちらもご紹介させていただいております。

それに比べますと、キンデンピーベリーはコクのあるしっかりとした味わいでしたね。

私の記憶では、
キンデンピーベリーを焙煎しているときの香りは
パラダイスプレミアムの香りとよく似ていましたし、
香りがとても豊かですので
「パプアニューギニアの豆は、どんな環境で育てているんだろう?」
と、農園の雰囲気を勝手に想像していました。


麻袋を見ると、
その豆の記憶がよみがえります。


各務原店でも、
いろんな麻袋があちこちにディスプレイ(ほぼ敷物ですが)しておりますので、
麻袋のデザインを通して、
その国のコーヒー豆にご興味持っていただけると嬉しいです。


最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございます。

各務ヶ原店 黒田





Secret